白内障手術費用

白内障手術費用

単焦点眼内レンズの保険診療の場合、高額医療制度がありますので70歳以上の方は、1割・2割負担の方は同月内に両眼手術をすると、片眼でも両眼でも1万円程度、3割負担の方は、片眼でも両眼でも5万円程度のお支払いですみます。多焦点眼内レンズの場合でも、当院は多焦点眼内レンズによる白内障手術の先進医療認定施設ですので、手術費用は民間の医療保険などの先進医療特約の支払い対象となり、手術前後の診察、検査、薬代の費用は保険適用になりますので、患者様の経済的な負担が軽減されます。先進医療とは、保険診療で認められている医療の水準を超えた最新の先進技術として、厚生労働省が認めた医療機関のみが実施できる医療技術のことですまた、先進医療特約などの契約がない方でも、通常の日帰り手術特約がある場合などは、ある程度の保険料の支払いがされますので、契約されている保険会社にお問い合わせください。詳しくはスタッフ・医師までご相談下さい。

単焦点眼内レンズ

1割負担の方

片目:13,000円程度

2割負担の方

片目:26,000円程度

3割負担の方

片目:40,000円程度

多焦点眼内レンズ

先進医療特約などの民間の医療保険を使用できる方

手術費用は先進医療特約などの民間保険で支払われますので、手術前後の診察、検査は保険診療費のみのお支払になります。

先進医療特約などの民間の医療保険を使用できない方

片目:400,000円(税込み)のお支払と、手術前後の診察、検査は保険診療の可能ですので、保険診療の自己負担分のお支払になります。先進医療特約などがなくても、民間の医療保険や生命保険で日帰り手術特約などの契約がある場合は支払い対象になり、部分的に手術費用がカバーできますので、保険会社にお問い合わせ下さい。

後発白内障手術費用

1割負担の方

片目:1,500円程度

2割負担の方

片目:3,000円程度

3割負担の方

片目:5,000円程度

保険会社の手術給付金について

白内障手術を検討している、またはすでに受けられていて生命保険に加入されている方は、一度契約内容をご確認ください。ご加入中の保険によっては、白内障の手術費が給付される場合があります。
過去に手術を受けられた方でも、さかのぼって申請することが可能です。ただし、さかのぼれる期間は保険会社によって異なりますので、詳しくは生命保険にお問い合わせください。

医療費控除について

白内障手術は医療費控除の対象となります。1年間(1月1日~12月31日)までの間に、本人または生計をともにするご家族が合計10万円以上の医療費を支払った場合、確定申告をすれば税金の減額される、または還付金が受け取れます。
確定申告の際には領収書が必要となりますので、なくさないように大切に保管しておいてください。

高額医療費の還付

高額医療費の還付とは、1ヶ月の自己負担額のうち、限度額を超えた分が払い戻される制度です。限度額は取得や個人・世帯の区別、入院・外来の区別によって異なります。
詳しくは区役所・市町村役場、健康保険組合・共済組合などの各窓口にお問い合わせください。