ご家族の方へ

ご家族の方へ

もしご家族に、「老眼鏡をかけているのに物が見えにくそう」「テレビが見えにくそう」「階段の上り下りに苦労している」などの変化をお感じになった時には、一度ご本人様と一緒に当院までご来院ください。白内障の発症により、そうした症状が現れている可能性があります。
白内障の治療には「点眼薬」と「手術」がありますが、症状によりご本人様が不自由を感じているようであれば、手術により根本的に治療されることをおすすめします。
白内障手術は基本的には入院の必要がなく、片目約10分で終わる安全な手術ですので、安心して受けさせてあげることができます。

ご家族向けの白内障簡単セルフチェック

  • 老眼鏡をかけているのに物が見えにくそう
  • テレビが見えにくそう
  • 階段の上り下りに苦労している
  • ちょっとした段差でもつまずいてしまう
  • 天気のいい日に外に出ると、まぶしそうにしている
  • 急に眼鏡が合わなくなったと言っている
  • 目がかすむ、ぼやけると言っている
  • 急に視力が落ちたと言っている
  • 近くが見えるようになり、老眼が治ったと言っている
  • 以前よりも暗い場所で物が見えにくくなったと言っている
  • 視力検査に引っかかり、自動車の免許更新が不合格だった

日帰り白内障手術を受けられる方のご家族へのお願い

白内障手術の前には必ずそれぞれの患者さま個別に、眼内レンズの選択の相談や、手術の内容や術後の注意点の説明のため、予約をとっています。
どのように日常生活されているのか、どのように眼鏡を使われているのかなどのお話しをお伺いし、眼内レンズの種類を決定します。
また、手術際の注意点や、手術後の注意点のポイントなどもお話しする大切な時間ですので、家族の方も来院されることをお勧め致します。
手術後、ご帰宅途中に段差などにつまづいて転倒してしまうこともありますので、可能であれば手術後はご家族の方が迎えにきてあげるようにしてください。
また、翌日のご来院の際にも同様の危険がありますので、診察にはご家族の方が付き添ってあげるようにしてください。