日帰り白内障手術

日帰り白内障手術とは

白内障手術とは、濁った水晶体を眼内レンズに入れ替える手術です。手術は仰向けに寝て頂き、局所麻酔で行いますので痛みはほとんどありません。入院の必要がなく、片目約10分で終わる安全な手術ですので、安心して受けて頂ければと思います。
当院では、「単焦点眼内レンズ」「乱視矯正が可能な眼内レンズ」「多焦点眼内レンズ」の3つの眼内レンズを取り扱っております。
患者様の目の状態を確認し、どこにピントを合わせたいのか、手術後にどういう生活を送りたいかなどを詳しくおうかがいした上で、適切な度数や眼内レンズを選択して、できる限りご希望に沿った形で視力の回復をはかります。

 

日帰り白内障手術の流れ

1受診・診察

診察にて視力傷害の原因を確認し、白内障が原因であると分かった場合には、白内障手術が適応であるかどうかを診査した上で、患者様に手術を受けられるかどうかご相談します。

 

2手術日の決定・かかりつけの内科への確認・手術前の検査

患者様が手術を選択された場合、ご相談の上、手術日を決定します。その後、手術に必要な検査や採血をさせて頂きます。
手術は局所麻酔で行いますので、全身疾患がある方でもほとんどの場合、手術を受けて頂くことができます。
ただし、高血圧・糖尿病・心疾患などを患っている患者様につきましては、かかりつけの内科に確認し了解を得てから手術を行います。

3手術の説明・眼内レンズの種類や度数の決定

白内障手術の内容を詳しくご説明した上で、挿入する眼内レンズの種類や度数について相談・決定します。
手術後の経過を良好なものにするためにも、可能であればご家族の方々にも説明を聞いて頂き、白内障について理解を深めて頂くようにします。

4手術前の注意点の説明(手術3日前) 

  • 手術後しばらくは入浴制限がありますので、前日のうちに入浴や洗髪は済ませておくようにしてください
  • 過度な飲酒は控え、十分に睡眠をとって体調を整えておくようにしてください
  • 主治医の指示に従い、手術前の点眼薬は忘れずにさすようにしてください
  • コンタクトレンズの使用は中止してください

5手術当日の注意点の説明

  • 手術予定時間の約1時間前にお越しください
  • 手術当日はノーメイクでお願いします。また、整髪料も使用しないでください
  • 手術当日はご自身の運転によるお車、バイク、自転車などでのご来院はお避けください
  • 可能であれば、ご家族の方に付き添ってもらってご来院ください

6手術

眼球を切開し、水晶体の前嚢を切り取ります。

 

水晶体の核と皮質を超音波で砕き、吸引して取り出します。後嚢とチン小帯は残します。

 

残した後嚢の中に、眼内レンズを挿入します。

 

7手術後の生活の注意点

  • 強い痛みが出た場合には、すぐにご連絡ください
  • 手術後良好だった見え方が、数週間以内にかすみ始めたらすぐにご連絡ください
  • 点眼薬をさす際には、上瞼に触らないようにしてください
  • 許可が出るまで入浴・洗髪・洗顔は行わないようにしてください
  • 首から下のシャワーであれば翌日から可能です
  • 手術後1週間程度は、アルコールの摂取はお控えください
  • 手術後1週間程度は、できるだけ目を疲れさせないようにしてください
  • 散歩程度の運動であれば翌日から可能です
  • 手術後1ヶ月程度は、水泳などの激しい運動は行わないでください
  • 定期検査・診察は必ずお受けください

手術後についてはこちら

8手術後の診察

術後1日目、3日目か4日目、・1週間目・3週目・6週目・数ヶ月目という間隔でご来院ください。検査・診察により経過を観察します。

合併症のリスクについて

白内障手術は非常に安全性の高い手術ですが、合併症がまったくないわけではありません。
一番怖いのは感染症、つまり細菌が目に入ってしまうことです。細菌が目に入ると最悪の場合、失明に繋がることもあります。
細菌対策には細心の注意を払っていますが、患者様にもご注意頂きたいことがいくつかあります。

  • 手術当日は眼帯をしたままご帰宅頂き、そのままの状態で翌日ご来院ください。
  • 絶対に眼帯を外したり、触ったりしないでください。
  • 手術当日は入浴・洗髪・洗顔は禁止です。ただし、タオルで顔を拭く程度であれば翌日から可能です。
  • 手術後1週間以内に急な視力低下、痛みなどが現れた場合にはすぐにご連絡ください。

手術中に起こる合併症

破嚢・チン小帯断裂

手術中に、水晶体の後嚢が破れたり、水晶体を支えているチン小帯がもともと脆弱で断裂することがあります。破損が大きい場合や、チン小帯の断裂が広範囲の場には、水晶体が硝子体中に落下し、すぐには眼内レンズを入れられないことがあります。当院では最新の手術機械センチュリオンを使用することにより、そのリスクを極力軽減しています。

駆出性出血

手術中に目の奥にある動脈から出血がおこることがあり、発生頻度は1万回に1回程度とされていますが、大きく視力が損なわれます。

手術後に起こる合併症

眼内炎

手術には綺麗に滅菌された器具を使用し、術前に丁寧な消毒を行いますが、まつげの生え際や涙嚢に潜んでいる細菌が目の中に入り込み、目が化膿することがあります。発生頻度は2000回に1回とされ、再手術により治癒することもありますが、大きく視力が損なわれることもあります。感染症の兆候の早期発見のため、術後の診察が頻回になります。

網膜剥離

網膜剥離とは、網膜が剥がれ、硝子体の中に浮き上がった状態のことをいいます。近視の強い方、アトピー性白内障の方などに稀に起こることがあります。ほとんどの場合、手術により網膜は復位します。

黄斑浮腫

カメラに例えると、フィルムに当たる網膜の大切な部分の黄斑に水がたまり、視力が低下することがあります。通常点眼で軽快しますが、軽快しない場合はステロイドの注射を行います。ステロイドの注射により大半は軽快します。そのリスクを軽減するため、術後の点眼が大切になります。

水泡性角膜症

角膜の内皮細胞が少ない方や、もともと機能の弱い方は、手術後に角膜(くろめ目)が濁ってしまい、角膜移植が必要になることがあります。そのため、術前に手術の侵襲に耐えられるか、スペキュラーマイクロスコープで正確な内皮細胞の評価を行います。

眼内レンズ度数ずれ

白内障の手術では、濁ったレンズを取り除き、綺麗なレンズと入れ替えることになります。そのレンズの度数は目の外にある眼鏡やコンタクトと違い、手術中に本人の感覚で調整するわけではなく、術前の検査による予測値を使用して度数を決定します。その狙い度数がずれると眼内レンズの入れ替えが必要になることがあります。当院ではその可能性を極力低くするため最新の機器IOLマスター7000を導入しています。

 

後発白内障

手術から数ヶ月あるいは数年たった後に、再び物がかすんで見えたりするようになることがあります。これは、手術の際に眼内レンズを固定するために残した水晶体の後嚢が濁ったためです。
これを、後発白内障といいます。後嚢の濁りは、レーザーで痛みもなく数分で簡単に取り除くことができます。

詳しくはこちら